〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-20

★完全予約制となります★

★完全予約制となります★

社会不安障害

概論


人と話す時、人前で発表する時などに過剰な緊張、不安により身体に症状が出現し、その状況を避けるために仕事や生活支障を来してしまった状況になる病気です。

症状


異常な緊張、手足、全身、声の震え、顔面紅潮、頻脈、呼吸苦感、頻尿、排尿し難くなる、多汗、嘔気、口渇、めまい など

原因


過去の恥ずかしい経験「経験的要因」、他人から評価を気にしすぎる「性格的要因」、「遺伝的要因」などが不安・恐怖感を抑える神経伝達物質セロトニンの不足を招いてしまうのではないか、またドーパミンも同様に不足すると不安を出現させやすくするのではないかと言われています。

治療方法


神経伝達物質の調整による症状改善とした薬物療法、偏った考えなどの調整を行う認知行動療法を行います。最終的にはじっくりと現実を受け止めやすくすることを目標とするため、不安になりやすい考え方、不安対処法を習得し、時には他者への行動がストレスなく円滑にできる容易に指導します。月単位や年単位の治療となる方もいらっしゃいますが、完治を目指すのではなく大きな支障を起こさないようにまずはすることを目標に、そして徐々に支障の程度・頻度を減らせられるように治療していきましょう。慌てることは禁物です。